ソフトバンクが2連勝で日本S本拠地14連勝 松田が決勝3ラン、柳田&福田ダメ押し弾で巨人に快勝

7回無死一、三塁、松田宣浩(右)が先制となる中越え3ランを放ち、(左から)周東佑京、グラシアルと大喜び(カメラ・保井 秀則)
7回無死一、三塁、松田宣浩(右)が先制となる中越え3ランを放ち、(左から)周東佑京、グラシアルと大喜び(カメラ・保井 秀則)

 ◆SMBC 日本シリーズ2019 第2戦 ソフトバンク6―3巨人(20日・福岡ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは7回に松田宣浩内野手(36)が決勝の3ランを放ち、2連勝へと導いた。チームは本拠地で日本シリーズ14連勝となった。

 試合を決めたのは「熱男」だった。両軍無得点の7回。先頭のデスパイネの三ゴロを山本が失策。代走に周東を起用し、グラシアルの左前打で一、三塁とすると、松田が放った打球はバックスクリーンに飛び込む3ランとなった。

 会心の当たりにバットを放り投げてベースを一周。「完璧に打てました。なかなかチャンスがつくれない中、このチャンスで絶対に点を取ろうと思っていたので、打ててよかった。礼(高橋)も最高のピッチングをしていたし、先制できてよかった」と満面の笑みを浮かべた。

 さらに8回には柳田のソロと福田の2ランでダメ押しした。

 投げては先発の高橋礼が7回2死まで無安打無得点を継続。岡本に左前打を許し、ノーヒットノーランの快挙はならなかったが、最高の投球を披露した。

 チームは連勝を飾り、3年連続日本一に向けて最高の滑り出しとなった。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請