ジョセフ日本、南アに敗れて初4強逃す…自国開催の快進撃は史上初の8強で終戦

スポーツ報知
攻め込んだリーチマイケル(中央)だったが(カメラ「・中島 傑)

 ◆ラグビーW杯 ▽準々決勝 日本3―26南アフリカ(20日・東京スタジアム)

 世界ランク6位の日本は、同5位の南アフリカに敗れ、史上初の準決勝進出を逃した。

 前半3分、自陣右で相手にSO田村、FB山中が振り切られて先制トライを奪われた。日本は同19分、田村のPGで反撃開始。前半を3―5で折り返した。

 この日は16年に胆管細胞がんにより53歳で亡くなった元日本代表監督の平尾誠二さんの命日。ジョセフ日本は、9月6日の壮行試合で被6トライで大敗(7―41)した雪辱も果たすべく果敢に立ち向かったが、白星をつかむことはできなかった。

 1次リーグでアイルランド、スコットランドの欧州強豪を撃破して4連勝首位突破。前回大会の1次リーグでは南アに34―32の大金星を挙げ、達成感から泣きじゃくった選手もいたが今回は違った。もう奇跡とは呼ばせない快進撃は8強で涙をのんだが、史上初の決勝トーナメント進出という日本ラグビー界に新たな歴史を刻んだ。胸を張って大会を去る。

 ◆日本の今大会1次リーグA組の戦績

 ▽日本30―10ロシア(9月20日・東京スタジアム) アジア初のラグビーの祭典が開幕。松島がW杯日本代表初の3トライをマークするなど圧勝。チームも4トライ以上で与えられるボーナスポイント(BP)を獲得する最高のスタートを切った。

 ▽日本19―12アイルランド(同28日・静岡エコパスタジアム) 優勝候補の世界2位を破る大金星で初の開幕2連勝。前半は田村の3PGでしのいで9―12で折り返すと、後半18分に福岡が逆転のトライを挙げた。

 ▽日本38―19サモア(10月5日・豊田スタジアム) 世界ランク15位のサモアを難なく下し、ティア2(中堅国)史上初のW杯開幕3連勝。初の8強入りに王手をかけた。後半35分に福岡、試合終了間際にも松島が自身大会4本目のダメ押しトライ。日本が誇る快足「Wフェラーリ」がそろい踏み。

 ▽日本28―21スコットランド(同13日・横浜国際総合競技場) 0―7の前半17分、松島のトライで反撃。リーチ主将を中心に相手の猛追を振り切り、一丸で勝利をつかんだ。初出場の1987年第1回大会から32年、初の8強入りを成し遂げた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×