武尊が栃木・佐野市でボランティア活動「思ってたより被害が酷い」城戸康裕らとチーム結成

Instagramより@k1takeru
Instagramより@k1takeru

 K―1のスーパー・フェザー級王者・武尊(28)が台風19号で甚大な被害が出た栃木県佐野市へ出向き、K―1ファイターの城戸康裕(36)らとともにボランティア活動を行ったことを20日、自身のSNSで報告した。

 武尊はインスタグラムで「今日は被災地ボランティアへ。丸一日作業したけどまだまだ足りなかった。。思ってたより被害が酷くて、家の中もめちゃくちゃで、泥や下水の水で臭いも大変だった。まだまだボランティアも必要みたいです。一日も早く復興しますように」とボランティア活動を行った写真を公開した。

 また、城戸も「今日は、先日の台風19号で被災された、栃木県佐野市大橋町にボランティア行ってきた。水を吸ってる畳があんなに重いとは思わなかった。腕マジでパンパン」と報告している。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請