馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 小倉 札幌

【菊花賞】3冠すべてピンク帽 タガノディアマンテ4角まくりで見せ場も7着 田辺「枠の差が大きかった」

レース結果◆第80回菊花賞・G1(10月20日、京都競馬場・芝3000メートル=良)

 春の2冠の勝ち馬が不在で行われたクラシック最終戦は、3歳馬18頭によって争われた。3番人気のワールドプレミア(牡、栗東・友道康夫厩舎)が直線で抜け出して優勝。G1初制覇をクラシックで飾った。

 騎乗した武豊騎手(50)=栗東・フリー=は、同馬の父ディープインパクトで勝った2005年以来となる菊花賞5勝目。昭和、平成に続き、令和でもG1を制し、史上初の3元号G1制覇を成し遂げた。

 2着は8番人気のサトノルークス(福永祐一騎手)、3着は1番人気のヴェロックス(川田将雅騎手)だった。

 酒井学騎手(レッドジェニアル=6着)「ゲートもそれなりに出てくれて、ある程度のいい位置を取れました。4コーナーで狭くなってからもきてますし、精神面の成長も感じました。まだ、良くなる余地を残していると思います」

 田辺裕信騎手(タガノディアマンテ=7着)「道中はスムーズで、折り合いもうまくついていました。枠で内、外の差が大きかった。一回使った効果もあったと思うし、最後は甘くなったけど、(力を)出し切ったと思います」

 Mデムーロ騎手(カウディーリョ=8着)「よく頑張りました。速くも遅くもない、いいペースで運べましたが、強い馬が早めにきて、最後は苦しくなりました。落ち着きはありましたよ」

 池添謙一騎手(メイショウテンゲン=12着)「ちょっと位置を取りにいって、好位はとれましたが、あまり余裕のある追走ではなかったですし、3角の下りでしんどくなってしまいました」

レース結果

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請