馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 札幌

【菊花賞】武豊お見事 ディープの子ワールドプレミアで菊花賞5勝目「僕自身久しぶりの菊花賞でうれしい」

ワールドプレミア
ワールドプレミア

◆第80回菊花賞・G1(10月20日、京都競馬場・芝3000メートル=良)

 春の2冠の勝ち馬が不在で行われたクラシック最終戦は、3歳馬18頭によって争われた。3番人気のワールドプレミア(牡、栗東・友道康夫厩舎)が直線で抜け出して優勝。G1初制覇をクラシックで飾った。

 騎乗した武豊騎手(50)=栗東・フリー=は、同馬の父ディープインパクトで勝った2005年以来となる菊花賞5勝目。昭和、平成に続き、令和でもG1を制し、史上初の3元号G1制覇を成し遂げた。

 2着は8番人気のサトノルークス(福永祐一騎手)、3着は1番人気のヴェロックス(川田将雅騎手)だった。

 武豊騎手(ワールドプレミア=1着)「いいレースができて、馬が一生懸命走ってくれました。本当に馬の状態がよかったし、枠順も良かったので、勝つレースをしようと思っていた。いいレースができましたね。調教をしっかりやれているなかでのこの馬体重(前走比12キロ増)、ようやく本格化したのかな、と思います。きょうでもイレ込んでいましたし、まだまだ改善したいところもありますが、道中もしっかり折り合いを欠くこともなく、上手に走ってくれました。春はクラシックに出られませんでしたし、僕自身、久しぶりの菊花賞。ディープインパクト産駒ということで、そういう意識はありましたし、よかったですね。(菊花賞優勝騎手の)最年少と最年長記録を取れてうれしいです」

レース結果

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請