馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都

これからです(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は京都競馬場からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、一昨日に続き、申し訳ないんですが、本日も非常に忙しく、前振りゾーンは省略。実は本日、関東馬取材で午前5時過ぎから京都競馬場で働いておるんですが、なかなか仕事が終わらない。ワタクシの仕事をこなすペースが遅くなっているだけなのか…。それはそれで切ない…。

 では、メールドグラースの快勝にわく記者席から明日の2歳戦を。京都3Rの未勝利戦では音無厩舎の【アリストテレス(牡、父エピファネイア)】が出走します。今年の音無厩舎、実は2歳勢がまだ1頭しか勝ち上がっていない。期待していた【プラトン(牡、父ディープインパクト)】も「調教で動き切れんからな」と長い目で見ていくことになりそう。ということで、音無調教師との2歳馬談義はなかなか弾みません。

 ただ、今週の会話中、「あとはこの馬たちにかかっているな」と名前が挙がったのが、このアリストテレスに、兄にクリソベリルを持つ【ヴァーダイト(牡、父ディープインパクト、母クリソプレーズ)】、あとはまだ北海道にいますが、セレクトセールで1億円を超えた【ミッキーラズベリー(牝、父キングカメハメハ)】。最後にアルゼンチンのG1勝ち馬を母に持つ【ダノンセレスタ(牡、父ハーツクライ、母セレスタ)】でした。このダノンセレスタ、実は今週、栗東に入ってきています。要取材の一頭です。

 で、話をアリストテレスに戻しますと、ここは必勝を期す鞍といった感じ。「前走は最後にソラを使ったからね。勝ち馬も強かった。状態は変わらないので、何とか決めてほしい」と引き続きルメールJの騎乗で、力が入っていました。

 この日は新馬4頭出しとなる矢作厩舎からは、やはり新潟5Rの【リリレフア(牝、父ハーツクライ、母リリサイド)】でしょう。厩舎のエース、リスグラシューの半妹になります。夏と秋の違いがあるとはいえ、姉と同じ新潟デビューとなりました。「そのあたりの意識はあったけどね」と矢作調教師。ただ、姉が偉大すぎるだけに「動きはいいけど、すごくはない」と苦笑いを浮かべます。「リスグラシューよりは前進気勢が強い。マイルだろうな。気性的な問題はないし、再び戻ってからの調整は順調にきた」と振り返るように、夏場のゲート試験合格後、放牧先で夏バテのような症状になったこともありましたが、何とか乗り越えての入厩、そして復帰戦。どんな走りを見せるか、ですね。

 ここからは少しだけPOG情報。友道厩舎でデビューへ向けての調整を続けている【フライライクバード(牡、父スクリーンヒーロー、母シングライクバード)】は厩舎内での評判が非常にいいんです。「すごく緩いんですが、キャンターに行ってからの走りがいいんです。バランスがいいですし、しっかりと時計が出ていますからね」と大江助手。お母さんを始め、友道厩舎に縁の深い血統でもありますからね。デビュー戦は来週の京都芝2000メートル、藤岡康Jが騎乗する予定です。

 池江厩舎では11月10日の京都芝1400メートルで【クロシェット(牝、父ノヴェリスト、母トーセンソレイユ)】がデビューします。鞍上は武豊J。お母さんはディープインパクトの半妹で、池江厩舎にいましたよね。速い追い切りはこれからですが、「まずまずスピードがあるかなという感じですね」と池江調教師は話していました。

 ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

東京8R・4トップオブメジャー(前走は休み明けで仕上がり途上だったが、能力を再認識。上積み見込める今回は決める)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

京都6R・7メイショウハナモリ(今回は久々に同型が少ない。楽に先手なら、粘り込み濃厚)

京都10R・9ワンアフター(展開のかみ合わない競馬が続くが脚はある。流れひとつで台頭)

新潟10R・3ハーフバック(前走は内ラチ沿いで不完全燃焼。「この距離も合っていると思う」と杉山調教師は意欲。ちなみに相手は大外のミッキーは当然として、12ストラトスフィアを厚く買います)

東京9R・6ステイオンザトップ(「面白いと思うよ」と須貝調教師。フレッシュな状態の時の方が走るタイプ)

東京11R・4ホーリーブレイズ(この馬は馬込みでもまれた方がいい。長丁場も合っている)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請