大迫傑が21年3月頃に大会創設へ 設楽悠太、原晋監督らも賛同

大迫傑
大迫傑

 男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=が19日、ツイッターを更新。自ら大会を創設する決意をつづった。

 まず「札幌開催の件がメディアで取り上げられてますが、良い意味で僕個人はどっちでもよくて(選ばれたら何処だとしてもベストを尽くすだけだと思ってます)、それ以上に気になって、メディアに発言したのに今回メディアに全く取り上げられなかったことがあります」という投稿からスタート。発言したが取り上げられなかったとして「それは今回のMGCで選手に賞金がなかったこと。日本ほどの注目度がないアメリカのマラソンの選考会は出ると聞きます。あれだけ注目された大会、お金は沢山動いている筈なのになぜ僕らの手に渡らなかったのでしょうか。もしも交通整備や人件費で一杯一杯というのなら運営が問題があるのではないのかと」と言及した。

 その上で「この疑問から、そして自分や他の選手、今後のアスリートのために、純粋に二時間を非公式で切った世界との差を縮めたい。そして日本人選手の価値を高め、陸上選手がかっこよく見え、稼げる仕事にしたい。そのためにはまず僕が速さを求める大会を作ること、そして運営のお金の流れを知ることが必要です」と自ら大会を創設する意思を表明。詳細については未定としたが「よって再来年2021年3月辺りを目処に日本で世界との差を縮めるための大会を作ります。候補地、正確な時期、スポンサー、全く決まっていません。でも、意志があるその先に、同士を含め、色々なものが着いてくると僕は思います。これが本当のアスリートファーストだと信じて。」としめくくった。

 新規大会の創設という大迫の画期的な考えについて、大学時代からしのぎを削ってきたマラソン前日本記録保持者の設楽悠太(27)=ホンダ=、青学大の原晋監督(52)らも、それぞれのツイッターで賛同と支援を表明した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請