【巨人】ドラ1右腕・堀田、まずは新人王、将来は160キロ…佐々木、奥川に「負けない」

原監督のお面をかぶった関係者とグータッチしてみせる青森山田・堀田(右)(カメラ・竜田 卓)
原監督のお面をかぶった関係者とグータッチしてみせる青森山田・堀田(右)(カメラ・竜田 卓)
自身が1面を飾った本紙を手に笑顔を見せる堀田
自身が1面を飾った本紙を手に笑顔を見せる堀田

 巨人からドラフト1位指名を受けた青森山田高・堀田賢慎投手(18)が18日、1年目の目標に新人王を掲げた。市内の同校で長谷川スカウト部長らから指名あいさつを受け、「新人王がとれればいい投手の証し。同学年のピッチャーに負けない活躍をしたい」と話した。最速151キロ右腕は、将来的には「160キロ」を見据える。甲子園に出られなかった悔しさを胸に、大船渡・佐々木や星稜・奥川に負けない活躍を誓った。

 運命のドラフトから一夜明け、堀田は堂々と、胸を張って報道陣の質問に対応した。「昨日の夜は気持ちが高ぶって寝られなかったんですけど、これからプロ野球選手になるという自覚をもっと持って過ごしていきたいと思います」と、決意を新たにした。柏田スカウトから、原監督がドラフト会議時に着用した直筆サイン入りパスを首にかけられると、思わず笑みがこぼれた。

 1年春から公式戦に登板してきたが、甲子園出場はなし。それでも最速151キロの直球を武器に新人王を狙う。同学年には大船渡・佐々木、星稜・奥川ら好投手がそろうが、「自分らの代にはいい投手がたくさんいるので、新人王がとれればいい投手の証しだと思う。同学年の投手陣に負けないくらいの活躍をしたい」と、力強く話した。

 長谷川スカウト部長からは、「原監督の若い頃に似ている」と端正な顔立ちも褒められ、「昔の顔は見たことがないので分からないですけど…(苦笑)。でも今でもハンサムなので、そう言われてうれしかったです」とほおを赤らめたが、「顔だけじゃなくて、結果も出していきたい」と、野球で大成することを誓った。

若大将似てる? 家族がG党ということもあり、家ではテレビをつければ巨人戦の中継だったという。だが、本拠地・東京Dに足を踏み入れたことはなく、まずはそのマウンドに立つことを目指す。将来的には「160キロを目指したい」と宣言。「将来性を評価してもらったので1年目は焦らず、大きな投手になっていけたらなと思います。プロ野球選手として1年間戦っていける体ではないので、体づくりからしていきたいです」と、冷静に自己分析した。

 「先輩に追いついて、追い越せるように。巨人を代表するピッチャーになれるように頑張りたい」。未完の大器が、夢への第一歩を踏み出した。(河原崎 功治)

 ◆堀田 賢慎(ほった・けんしん)

 ▽生まれとサイズ 2001年5月21日、岩手・花巻市生まれ。18歳。185センチ、80キロ。右投右打。血液型O。

 ▽球歴 5歳上の兄の影響で、桜台小1年から松園ファイターズで野球を始める。花巻北中では花巻リトルシニアに所属。青森山田では1年春からベンチ入り。チーム最高は今春東北大会8強、甲子園出場なし。

 ▽好きな食べ物 母親の作るオムライス。「自分好みの味つけにしてくれる。他のものとはひと味違います」

 ▽嫌いな食べ物 トマト。でもケチャップなどは平気。

 ▽好きな芸能人 音楽はファンキーモンキーベイビーズをよく聴いていた。女優では今田美桜。男性では新田真剣佑。

 ▽試合前に必ずすること 今春から移動のバス車内で、NOBUの「いま、太陽に向かって咲く花」を聴く。「歌詞が自分と照らし合わせて、すごく響きます」

 ▽座右の銘 日々成長。中学の時からずっと変わらず。

 ▽特技 サッカー。

 ▽趣味 寝ること。「小さい頃は17時から朝まで寝てたりしていました」

原監督のお面をかぶった関係者とグータッチしてみせる青森山田・堀田(右)(カメラ・竜田 卓)
自身が1面を飾った本紙を手に笑顔を見せる堀田
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請