【楽天】5月に長男が誕生したばかり…戦力外の今野は「家族のためにも」と現役続行に意欲

楽天の今野龍太
楽天の今野龍太

 楽天の今野龍太投手(24)が18日、球団から戦力外通告されたことを明かした。

 今野は宮城・岩出山高から13年ドラフト9位で入団。高校3年夏の宮城県大会ではノーヒットノーランを記録。高校時代は「岩出山の星」とも呼ばれ、楽天入団後は地元ファンから大きな期待を受けた。15年10月に右膝外側半月板を縫合手術して育成契約に。17年4月に再び支配下登録を勝ち取った。

 178センチの右腕は150キロを超える直球を武器に、プロ6年目の今季は5月18日のロッテ戦で念願のプロ初勝利。同25日には第1子となる長男が誕生した。

 今後については「家族と話して決めます。自分一人で決められることではないので。子供もできたので、家族のためにも頑張らないといけない」と語った。右膝の負傷は完治しており「もうちょっと野球がしたいので、トライアウトを受けるつもりではいます。体は大丈夫なので」と現役続行へ意欲を語った。

 また戸村健次投手(31)、西宮悠介投手(28)、西巻賢二内野手(20)、卓丸外野手(22)、耀飛(あきと)外野手(23)も戦力外通行を受けたことを明かした。西巻と耀飛は、球団から育成契約を打診されたものとみられる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請