ヤンキース・田中が6回途中3失点で敗戦投手…3連敗でアストロズに王手許す

6回途中3失点で敗戦投手となった田中(ロイター)
6回途中3失点で敗戦投手となった田中(ロイター)

◆ア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦 ヤンキース3―8アストロズ(17日、ニューヨーク・ヤンキースタジアム)

 ヤンキース・田中将大投手(30)が17日(日本時間18日)、本拠地で行われたア・リーグ優勝決定シリーズ(LCS)の第4戦・アストロズ戦に先発した。6回途中で85球を投げ、4安打4失点(自責3)で降板。今季のポストシーズン(PS)3試合目の登板で初黒星を喫し、チームも3連敗となってアストロズに王手を許した。

 1勝2敗で迎えた4戦目。前日の試合が雨天中止となったことで、当初は5戦目に先発予定だった田中が中4日の間隔は変えずに先発のマウンドに上がった。初回にヤ軍は押し出し四球で先取点を奪うと、田中も2回までは無安打投球。上々の立ち上がりを見せた。

 だが、1点リードで迎えた3回だけが悔やまれるイニングとなった。四球とヒットで無死一、二塁と得点圏に走者を背負うと、1番・スプリンガーに逆転3ランを被弾。スプリットを左翼に運ばれた。さらに連打で1死二、三塁のピンチを迎えたが、元DeNA・グリエル、アルバレスを打ち取って追加点は与えなかった。

 4回以降は立ち直った田中。4、5回は2イング連続の三者凡退で抑えて援護を待った。だが、打線は沈黙。6回先頭のブレグマンを一塁手の失策によって出塁を許してマウンドを降りた。すると、2番手・グリーンがコレアに3ランを浴びて、リードを5点に広げられた。

 今季のPSでは3試合目の先発。4日(日本時間5日)の地区シリーズ第2戦・ツインズ戦では5回1失点で勝利投手になり、12日(同13日)のLCS初戦では6回68球の省エネ投球を見せて、日本人最多を更新するPS5勝目を手にした。PS初先発から7試合連続2失点以下というメジャー史上初の快挙も打ち立てて、大舞台での強さを改めて証明。だが、PSでの4失点は自己ワーストとなった。

 打線は1―6と5点を追う6回にサンチェスの2ランで反撃。だが、8回に2連続失策などで1点を失い、9回にも失策と暴投などが絡んで失点してリードを広げられ、完敗となった。翌18日(日本時間19日)に第5戦がヤ軍の本拠地で行われ、第6、7戦は移動日なしの19、20日にアストロズ本拠地のヒューストンで行われる。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請