【東都大学リーグ】ロッテ2位指名の「強打の捕手」東洋大・佐藤捕手が右翼越え2ラン

ロッテに2位指名を受けた東洋大・佐藤。初回に先制適時打を放った
ロッテに2位指名を受けた東洋大・佐藤。初回に先制適時打を放った

◆東都大学秋季リーグ第6週第3日 ▽東洋大7―2国学院大(18日・神宮)

 前日のドラフト会議でロッテから2位指名を受けた東洋大・佐藤都志也捕手(4年)が右翼越え2ランを含む2安打3打点の活躍で改めて「強打の捕手」としての実力を証明した。

 終盤にパワーを見せた。5―2の8回2死一塁。前の打者がタイムリーヒットで押せ押せの状況で打席へ向かった。「狙ってもいいかな」とイメージ通りの打撃で右翼越え2ランを放り込み、試合を決めた。

 初回には、うまさを見せた。1死一、二塁の好機で、追い込まれてから、すくうように中前に運び、先制の適時打。「食らいついていった。4番として、主将として一本出せないと」と責任感を結果に変えた。

 4年前の指名漏れの悔しさを、ようやく結実させたドラフト2位での指名。「(大学では)1年生の時に優勝決定戦で負けて、去年はプロに行った先輩がいたのに優勝できなかった。毎年違った経験をして密度の濃い4年間だった」と振り返る。この日、見守った担当の福沢洋一スカウトは「まずは、けがなくですね。人柄も含めて、チームのスタンスにぴったりはまる選手。経験を積みながら大きく育ってほしい」と期待を込めた。

 「戦国東都」で、たくましく育った東洋大の背番号1が、まもなく幕張に新たな風を吹き込む。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請