【ヤクルト】高津新監督、奥川引き当てた「満点以上じゃないですかね」

星稜・奥川との交渉権を獲得し、当たりくじを掲げる高津監督(左)(右から原監督、阪神・矢野監督=カメラ・関口 俊明)
星稜・奥川との交渉権を獲得し、当たりくじを掲げる高津監督(左)(右から原監督、阪神・矢野監督=カメラ・関口 俊明)

◆2019年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(17日・グランドプリンスホテル新高輪)

 プロ野球ドラフト会議が17日、都内で行われ、今夏の甲子園大会で準優勝した石川・星稜高の奥川恭伸投手(18)はヤクルト、阪神、巨人の3球団が1位指名し、ヤクルトが交渉権を獲得した。

 高津臣吾新監督(50)は初参加したドラフトで大仕事を成し遂げた。星稜・奥川の交渉権を令和初抽選で獲得。「肩の荷が下りたというか、一番はうれしいです。満点以上じゃないですかね」。歴代最長タイだった初入札のくじ引き連敗を9で止めた。

 マウンドで何度も見せた力強いガッツポーズがよみがえった。最初に抽選箱に入れた右手で3通の封筒をかき回し、一番最後にくじを開いた。「どこにあったか分からない方が当たっても外れてもいいと思って(交ぜた)。一番最初に手に当たった封筒にしようと思いました」。この日は朝から明治神宮を参拝。宣言通りに験担ぎはせず、直感で選んだネイビーのスーツにブルーのネクタイを締めて大一番に臨んだ。

 最有力だった明大・森下との評価が拮抗(きっこう)する中、15日のスカウト会議で奥川の獲得を強く熱望。上位4選手を投手で占めた。「ヤクルトの中心選手として、エースとして支えてほしいと思いますし、その先に日本を代表するスケールの大きなピッチャーになってほしい」。興奮はいつまでも収まらなかった。(田島 正登)

指名選手一覧

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請