【広島】ドラ1森下、一本釣り 理想はマエケン「新人王を目指したい」

広島の単独1位指名を受け、佐々岡監督(左)に帽子をかぶせてもらう明大・森下
広島の単独1位指名を受け、佐々岡監督(左)に帽子をかぶせてもらう明大・森下

◆2019年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(17日、新高輪プリンスホテル)

 即戦力度NO1投手が、エース番号を継承する。明大の最速155キロ右腕・森下暢仁(22)は広島の単独1位指名を受け、東京・駿河台キャンパスで会見。「前田健太投手を見てきた。球界を代表する投手になりたい」と広島発のメジャー右腕を理想として、「新人王を目指したい」と1年目の目標を掲げた。

 明大カラーに近い紺のパンツをはいて一本釣りした佐々岡新監督は、電撃の指名あいさつ。「イケメンですね。エースとして引っ張ってほしい」。自らに次いでつけたマエケンがドジャースに移籍後、16年から空位となっている背番号18を提示することが決まった。森下は指揮官にドラフト会場のIDカードと帽子をかぶせられ、「1年目から主力として活躍して、数々のタイトルを取っている大投手。(自分も)1年目から結果を残したい」と力を込めた。

 明大の先輩・野村が国内FA権を取得。今春38年ぶりの大学日本一に導いた主将は「プロでどうやって活躍できるか聞いてみたい」と残留と弟子入りを懇願した。佐々木、奥川ら1位競合した高校生に「負けないように」。18番を背負い、高校、大学に続き、プロでも侍ジャパン入りを目指す。

指名選手一覧

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請