【巨人】村田コーチが1軍合流、日本シリーズ「悔いを残さないようにやってもらえれば」

1軍の練習に合流し、坂本(右)と話す村田打撃コーチ
1軍の練習に合流し、坂本(右)と話す村田打撃コーチ

 1軍打撃担当に就任した巨人の村田修一コーチ(38)が17日、1軍練習に合流。G球場での全体練習で初指導した。前日(16日)に鈴木外野守備走塁コーチが退団したことに伴い、ファーム打撃兼内野守備担当から同日付で配置転換されたばかり。

 チームは6年ぶりの日本シリーズに向けて着実に準備を進めている。村田打撃コーチは現役時代の12、13年に巨人の選手として日本シリーズを経験。「悔いを残さないようにやってもらえればいいと思う。短期決戦はなかなかうまくいかないこともありますけど、『あのボールをいけばよかったな』とか、『あのボールが一番甘かったな』とならないように。打てると思えばバットを振ればいいと思うし、走れると思えば走ればいい」と語った。

 また、現役時代ともにプレーした阿部は泣いても笑ってもラスト7試合。お世話になった先輩に感謝を込め「阿部さんを送り出すのに最高な最後の戦い。そこに自分も一緒に入れてもらえるだけで光栄なので、足を引っ張らないように、それだけは心がけてやりたいと思います」と宣言。日本一という花道演出を全力でサポートするつもりだ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請