【日本ハム】ドラ1河野、新人王宣言 最速151キロ左腕「2ケタ勝利とれるように」

日本ハムから1位指名を受け仲間に祝福される河野
日本ハムから1位指名を受け仲間に祝福される河野

◆2019年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(17日、新高輪プリンスホテル)

 「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が17日、都内で行われ、東海大札幌の小林珠維投手(18)が、ソフトバンクから4位指名を受けた。高校通算30本塁打の打力に加え、50メートル5秒9の脚力を評価されての内野手指名で、1日も早い1軍デビューを誓った。札幌創成の竹内龍臣投手(18)は中日から6位指名。日本ハムは外れ1位でJFE西日本(広島)・河野竜生、2位に東海理化(愛知)・立野和明(ともに21)と社会人の即戦力投手を指名した。

 河野は日本ハムとオリックスの2球団が競合の末、日本ハムから1位指名を受けた。JFE西日本の最速151キロ左腕は「1年目でしか味わえない新人王は狙いたい」と目標を掲げた。

 口元を引き締め、緊張した表情でテレビ中継を見守っていたが、日本ハム・栗山英樹監督(58)が交渉権獲得のくじを引いた瞬間、頬を緩ませた。「正直、1位で選んでもらえると思っていなかった、素直にうれしい」と喜びをかみしめた。社会人1年目から即戦力として登板し、17年、18年には補強選手として都市対抗野球のマウンドも経験。昨年行われた日本選手権では27回1失点と好投し、優秀選手賞、敢闘賞を受賞した実力者だ。

 ついにプロ野球選手としてのスタートラインに立った技巧派左腕。まだ北海道へは行ったことがないというが「楽しみです。(日本ハムは)常に上位を争っている印象」と期待を膨らませた。「実力がどれだけ通用するかは分からないが、2ケタ(勝利)はとれるように頑張りたい」と意気込んだ新スターが、北の大地で飛躍を遂げる。(坂口 愛澄)

 ◆河野 竜生(かわの・りゅうせい)1998年5月30日、徳島・鳴門市生まれ。21歳。林崎小1年から「林崎スポーツ少年団」で野球を始め、鳴門市第二中では軟式野球部に所属。鳴門では1年夏から背番号10でベンチ入り。3年連続で夏の甲子園に出場、3年時は8強進出。球種はスライダー、カーブ、ツーシーム、チェンジアップ。174センチ、82キロ。左投左打。

指名選手一覧

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請