【ドラフト】DeNA1位・森が明かしたラミレス監督との“縁” 「大きくて温かい手だった」

横浜DeNAに1位指名された桐蔭学園の森敬斗は、ベイスターズの帽子を被りバットとマスコットのDBスターマンに頬ずり   (カメラ・佐々木 清勝)
横浜DeNAに1位指名された桐蔭学園の森敬斗は、ベイスターズの帽子を被りバットとマスコットのDBスターマンに頬ずり   (カメラ・佐々木 清勝)

◆2019年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(17日、新高輪プリンスホテル)

 DeNAが1位入札で1本釣りに成功した桐蔭学園高・森敬斗内野手(17)は、地元チームからのトップ指名に「高く評価していただいて感謝しています」と笑顔を見せた。

 横浜スタジアムでは2年夏の神奈川大会準決勝でプレーした経験があるものの、DeNAの試合を観戦したことはない。「どのチームに行きたいというのはなかった」と、12球団OKの姿勢だったが、「指名を受けた瞬間に縁を感じました」。

 森の言う“縁”とは、小学校時代に郷里の静岡で観戦したヤクルト―巨人戦。地元の少年野球チームを代表して、当時巨人の選手だったラミレス監督と記念写真を撮ったという。「握手もしてもらいました。大きくて温かい手でした。すごく紳士的な方でした」と思い出話を披露。「覚えていらっしゃらないでしょうけど」と言いながらも、今度は指揮官と選手として“再会”する日を心待ちにしていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請