【ドラフト】巨人2位はJR東日本の190センチ右腕・太田龍

JR東日本の太田龍
JR東日本の太田龍

◆2019年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(17日・グランドプリンスホテル新高輪)

 巨人がJR東日本の太田龍投手(20)を2位指名した。昨夏の都市対抗で若獅子賞を獲得した190センチの本格派で直球の最速は153キロを誇る。

 注目の1位は「BIG3」の一角、星稜の奥川恭伸投手を指名したが、3球団競合の末、ヤクルトが交渉権を獲得。くじを外した原監督は悔しそうな表情を浮かべた。外れ1位で指名した東芝154キロ右腕・宮川哲も西武と競合し、くじ引きで敗戦。3度目の指名で青森山田の右腕・堀田賢慎投手の交渉権を獲得した。

 ドラフトの1位指名は入札制だが、2位以降はウェーバー制。今年は2位指名がセ6位→パ6位→セ5位…。3位はパ1位→セ1位…と行い、これを繰り返す。

ドラフト速報

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請