【ドラフト】高校「BIG4」の最速154キロ右腕創志学園・西は阪神が外れ1位指名!

阪神の1位指名に笑顔を見せる創志学園・西
阪神の1位指名に笑顔を見せる創志学園・西

◆2019年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(17日・グランドプリンスホテル新高輪)

 岡山・創志学園高の西純矢投手(18)は、阪神が外れ1位で指名し、交渉権を獲得した。

 西が一躍名をとどろかせたのは、2年生で出場した18年夏の甲子園。初戦の創成館(長崎)戦で6者連続を含む毎回の16三振を奪うなど4安打無四死球で完封して見せた。2年生投手が16K以上で無四死球完封を記録するのは、1948年の学制改革以降初の快挙だった。

 岡山大会優勝の瞬間は、イナバウアーのように背中を大きく反らせる“西バウアー”でド派手にガッツポーズ。甲子園でも三振を奪うたび、闘志むき出しで感情をあらわにして、注意を受けるほどの投球スタイルも注目を浴びた。阪神・西とは親戚。大船渡・佐々木、星稜・奥川、横浜・及川とともに高校「BIG4」にも名を連ねた。

 今夏は甲子園出場はならなかったが、最速154キロ右腕としてU―18ワールドカップの日本代表に選出。投手としてチーム最多タイの4試合に登板して13回3分の1を投げて、防御率1・35。さらに南アフリカ戦で1試合2本塁打を放って最多本塁打に輝くなど、外野を守って打撃力も十二分に発揮して、非凡な才能を見せた。

 創志学園からは16年5位で巨人に高田萌生投手、17年4位で日本ハムに難波侑平内野手が指名されている。ドラフト1位指名を受けたのは同校史上初だ。

 ◆西 純矢(にし・じゅんや)2001年9月13日、広島市生まれ。18歳。鈴が峰小2年時に「鈴が峰レッズ」で野球を始め、阿品台中では「ヤングひろしま」に所属。3年時に「NOMO JAPAN」に選出。創志学園では1年春からベンチ入り。好きな選手と球団はドジャースの前田健太、広島。球種はスライダー、カーブ、スプリット、チェンジアップ。184センチ、85キロ。右投右打。

ドラフト速報

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請