東京五輪マラソン札幌開催に日本陸連・麻場強化委員長「まさか」 正式通達いまだなし

日本陸連の麻場一徳強化委員長
日本陸連の麻場一徳強化委員長

 国際オリンピック委員会(IOC)が東京五輪の猛暑対策として陸上のマラソンと競歩を札幌開催に変更する案の検討に入ったことを受けて、日本陸連の麻場一徳強化委員長が17日、取材に応じた。

 16日夜に報道を見た関係者から連絡を受けたという麻場氏強化委員長は「突然の知らせに驚き、(第一声は)『なんと』と答えた。現時点で国際陸連などから正式な連絡は入っていない」と戸惑いを隠せない様子。現在は情報収集を進めているという。男子18人、女子28人が途中棄権したドーハ世界陸上マラソンが引き金になったと見られるが「こちらに波及するとは思わなかった。五輪に向けてますます暑熱対策が重要になる、という認識だった」。開催まで1年を切り、9月15日には日本代表選考会MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)を行ったばかり。「まさかコースや開催都市を変えるという発想は、考えたことなかった。東京五輪ですから」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請