“納谷4兄弟”の末弟・幸成「関取を目指す」…大嶽部屋入門会見

 昭和の大横綱・大鵬(故人)の孫で“納谷4兄弟”の末弟、幸成(18)が16日、大嶽部屋への入門会見を埼玉栄高で行い、「関取を目指して頑張っていきたい」と目を輝かせた。

 兄の幕下・納谷(19)から「甘い世界ではないぞ」と忠告されたが、子供の頃から祖父や父(元関脇・貴闘力)が活躍した角界入りを夢見ていた。兄の入門時は190センチ、160キロ。幸成は183センチ、135キロだが、同校の山田直紀監督は「押し相撲でがんばれる精神力がある。鶴と亀なら亀のタイプ」と期待を寄せる。九州場所の新弟子検査で合格すれば同場所の前相撲で初土俵を踏む。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請