【ドラフト】広島、明大・森下の1位公表 佐々岡監督「ホレた」一本釣りも?

スポーツ報知
明大・森下暢仁

 広島が16日、都内でスカウト会議を行い、17日のドラフト会議で明大・森下暢仁投手(4年)を1位指名すると公表した。

 球団は大船渡・佐々木、星稜・奥川も1位候補に挙げていたが、この日、佐々岡真司監督(52)が「即戦力投手が欲しい」と発言し、松田オーナーが「それなら森下でいこう」と即断したという。

 佐々岡監督は「自分の意見を聞いてもらった。フォーム的にもいいし、スピードもコントロールもある。そこにホレました」とゾッコン。独占交渉権を得た場合は、当日のうちに東京・府中市の明大野球部合宿所を訪れ、指揮官自身が指名あいさつを行う可能性もある。

 現時点で森下の指名を公言している球団はなく、一本釣りできる可能性もある。仮に抽選になった場合は、佐々岡監督がクジを引くことも決まった。すでに“勝負パンツ”を購入したというが、カープカラーの赤いものが売り切れており、違う2色を入手したとのこと。明大カラーの紫紺かという問いには「それもあったなあ」と頭をかいていた。

 報道陣から「お先に手にしてください」と「どら一」という商品名のどら焼きを手渡され「ありがとう」と照れ笑いを浮かべた新監督。でっかい“初仕事”を成し遂げられるかどうか。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請