東洋大・佐藤都志也、同姓同名「MAJOR」捕手と同じポジションに後悔なし…学生記者が見たドラフト候補

プロ注目の東洋大・佐藤都志也
プロ注目の東洋大・佐藤都志也
2年時、17年春リーグで首位打者とベストナインを受賞したとき佐藤(左)右は当時4年の飯田春海投手(C)スポーツ東洋
2年時、17年春リーグで首位打者とベストナインを受賞したとき佐藤(左)右は当時4年の飯田春海投手(C)スポーツ東洋

 プロ野球のドラフト会議が17日、都内で開かれる。スポーツ報知では東洋大学スポーツ新聞編集部(スポトウ)の協力を得て、上位指名が有力視される同大学の佐藤都志也を紹介する。1年中、密着取材する担当記者が見たドラフト候補とは…。

 * * * *

 「打った瞬間無我夢中でベースを駆けた」。佐藤都志也(4年・聖光学院)の大学初スタメンは1年秋の日大2回戦。5番・DHとして出場した。先輩の「甘い球が来たら思いっきりフルスイングしていけばいいよ」という言葉を胸に打席に立ち、終わってみれば4打数2安打1打点の活躍だった。2年の春からは本職の捕手ではなく一塁手としてスタメンに。このシーズン、東洋大は開幕2連敗後に8連勝し優勝。・483の高打率を残した佐藤は首位打者に輝き、ベストナインも獲得した。

 3年春から正捕手となった佐藤は、上茶谷大河(現・横浜DeNA)や梅津晃大(現・中日)、甲斐野央(現・ソフトバンク)らをリード。春は優勝したが秋は最終戦に敗れて、3位。最終戦後に「まだまだ未熟な自分を支え合って励ましてくれたピッチャー3人をはじめ、4年生には感謝の言葉では表せないくらいのことをしてもらった」と目を赤くしながら語った。

 「これからはキャッチャーとしての自分の本当の力が試される」。そう意気込んだ大学ラストイヤー。主将に任命され、チームの支柱となった。春は後輩エースの村上頌樹(3年・智弁学園)を軸にリードして、対戦校全てから勝ち点を奪う、完全優勝を果たした。

 侍ジャパン大学代表では一塁手や外野手として出場したが、本職の捕手にこだわりもある。野球を始めたころは捕手ではなかったがチーム状況もあり中学2年の秋から捕手になった。「名前が名前なので絶対にキャッチャーはやりたくなかったんです(笑)。(漫画)『MAJOR』の『佐藤寿也(としや)』に比較されるじゃないですか。あいつは最強じゃないですか」と最初は思ったという。それでも今になれば「結局キャッチャーでここまでやってこれたのですごい良かったです。キャッチャーじゃなかったら、ここまで野球やってこられてないと思います」。もちろん捕手以外のポジションを守ることになっても「自分はマルチに動きます。そのポジションの中のトップを目指します」という心づもりだ。

 この秋は3カードを終えて勝ち点1と苦しい状況にある東洋大。佐藤は打率・263ながら打点は8(10月16日時点)と勝負強さを見せ、個人の記録も東都通算100安打まであと10安打のところへ迫っている。チームのために最後のリーグ戦を戦う佐藤。明日、吉報を待つ。(スポーツ東洋・川口 朋珠)

 ◆佐藤 都志也(さとう・としや)1998年1月27日生まれ。福島県いわき市出身。平六小、平二中、聖光学院高を経て東洋大。杉本監督や記者から「ナイスガイ」と言われる好青年。東洋大2年春秋、4年春にベストナインを受賞。身長181センチ、体重83キロ。右投げ左打ち。

佐藤都志也のプロフィール
プロ注目の東洋大・佐藤都志也
2年時、17年春リーグで首位打者とベストナインを受賞したとき佐藤(左)右は当時4年の飯田春海投手(C)スポーツ東洋
すべての写真を見る 2枚

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請