村田諒太が12月23日に初防衛戦…KO率86%のバトラーと「必ず面白い試合をします」 拳四朗、八重樫とのトリプル世界戦

村田諒太
村田諒太
防衛戦の日程が決まり意気込威を見せる村田諒太(左)と挑戦者のスティーブン・バトラー
防衛戦の日程が決まり意気込威を見せる村田諒太(左)と挑戦者のスティーブン・バトラー

  WBA世界ミドル級王者・村田諒太(33)=帝拳=が同9位のスティーブン・バトラー(24)=カナダ=と12月23日、横浜アリーナで初防衛戦を戦うことが16日、発表された。同日にはWBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(27)=BMB=とIBF世界同級王者フェリックス・アルバラード(30)=ニカラグア=との2団体世界王座統一戦、王者モルティ・ムザラネ(37)=南アフリカ=に3階級制覇王者でIBF14位の八重樫東(36)=大橋=が挑むIBF世界フライ級タイトルマッチも行われる。超豪華トリプル世界戦となった。

 拳四朗は勝てば、WBC王座の7度目の防衛となるとともにIBF王座初戴冠となる。IBF王者は5月に小西伶弥(真正)の挑戦を退けて初防衛に成功している。元WBA世界ミニマム級、元IBF世界ライトフライ級、元WBC世界フライ級王者の八重樫は、勝てば2度目のフライ級制覇で、IBF同級王座獲得は初。ムザラネも5月に黒田雅之(川崎新田)を下し、V2に成功している。戦績は村田が15勝(12KO)2敗、バトラーが28勝(24KO)1敗1引き分け、拳四朗が16戦全勝(9KO)、アルバラードが35勝(30KO)2敗、ムザラネが38勝(25KO)2敗、八重樫が28勝(16KO)6敗。

 16日には東京・千代田区のホテルグランドパレスで発表記者会見が行われ、3選手のほか、村田に挑戦するバトラーが来日して出席。意気込みを語った。

 WBO1位、WBC4位、IBF8位でもあるバトラーは2014年にプロデビュー。IBFスーパーウエルター級ユース王座、IBF北米スーパーウエルター級王座、WBCインターナショナルミドル級王座などを獲得している。KO率86%を誇るハードパンチャーだ。弾丸を次々放つようにパンチを繰り出すことから「BANG BANG」の異名を持つ。

 12年ロンドン五輪ミドル級で金メダルを獲得した村田は13年8月にプロデビュー。17年10月にWBA世界同級王座を獲得した。昨年10月、2度目の防衛戦でロブ・ブラント(米国)に判定負けし、王座から陥落したものの、今年7月12日、ブラントとのリマッチで2回TKO勝ち。王座奪還に成功した。その後、千葉・成田で2度の合宿を行うなどして、初防衛戦に備えていた。

 村田は「ありきたりですが、ベストを尽くします。バトラー選手はWBO1位で指名挑戦者でもあったけど、彼に勝つことで自分の評価を上げると思う。いい試合をします。それだけです。必ず面白い試合をします」と意気込んだ。

村田諒太
防衛戦の日程が決まり意気込威を見せる村田諒太(左)と挑戦者のスティーブン・バトラー
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請