ドラフト候補の大商大・大西が5回1失点で歴代9位タイの通算27勝目

大商大の大西広樹は5回1失点で今季3勝目を挙げた(カメラ・伊井 亮一)
大商大の大西広樹は5回1失点で今季3勝目を挙げた(カメラ・伊井 亮一)

◆関西六大学野球秋季リーグ戦 ▽第7節 大商大3―1大経大(15日・皇子山球場)

 大商大が13日にリーグ連勝記録を24で止められた大経大に雪辱し、1勝1敗とした。17日のドラフト会議で指名が有力視される大商大の大西広樹投手(4年)が志願して先発した。5回4安打1失点に抑え、今季3勝目を挙げた。通算27勝となり、横浜(現DeNA)などで活躍した有働克也(大経大)らを超え、歴代9位タイに浮上した。「一戦一戦、打者一人ひとりを心がけてきた結果が勝利数につながっている。一球一球、しっかり抑えることで、攻撃に流れを持ってこられている」という姿勢で白星を積み重ねてきた。

 ドラフト会議を2日後に控え「緊張よりもドキドキしている。(ドラフトのことは)考えず、逆に試合のことを考えている」と、16日のリーグ最終戦に集中する考えを示した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請