【東京六大学】東大、悔しい39連敗…浜田監督「シンプルに地力の差が出た」

◆東京六大学秋季リーグ第5週第1日 立大6―1東大(14日・神宮)

 東大は小刻みに得点を重ねられ、打線も敵失で1点を返すのが精いっぱい。浜田一志監督(55)は「シンプルに地力の差が出た。大きな自滅をしているわけではないが、向こうの方が精度がある」と完敗を認めた。

 これで今季は開幕から7連敗となり、17年秋の明大戦から続く連敗は1分けを挟んで「39」。17年秋の法大戦で連勝し勝ち点を挙げて以降、白星から見放されている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請