【東京六大学】立大の両投両打・赤塚、リーグ初登板で救援1イニング完全「神宮に立つことを目標にしてきた」

公式戦デビューを飾った立大・赤塚
公式戦デビューを飾った立大・赤塚
両投げ両打ちの立大・赤塚投手が愛用し続けるミズノの両投げ用グラブ
両投げ両打ちの立大・赤塚投手が愛用し続けるミズノの両投げ用グラブ

◆東京六大学秋季リーグ第5週第1日 立大6―1東大(14日・神宮)

 立大は東大に快勝し今季初白星。登録が両投両打の赤塚瑞樹投手(4年)が、登板は右だけだったが、2番手で1回を3者凡退と公式戦デビューを飾った。

 両投げ投手がリーグ戦初のマウンドに立った。8回、2番手で救援した赤塚は右で2球、左で2球、またもや右で3球と肩を慣らし、投球練習を完了した。先頭を三振に仕留めると、危なげなく3者凡退に抑え、1イニングを完全投球。4年秋で迎えた公式戦初登板で、上々のデビューを飾った。

 両投両打という異色の選手。大学2年の秋、フレッシュトーナメント(新人戦)3位決定戦の早大戦で神宮のマウンドに立ったが、リーグ戦の舞台は遠かった。練習では左右ほぼ同じ球数を投げるが、最速は右なら144キロ、左なら135キロと右の方が上。左投げを封印して、最後の秋に懸けた。

 「(両投げでなくても)右として戦力で使ってもらえるのであれば」と赤塚。ミズノ製の両投げ用グラブは小5の誕生日、父に買ってもらい、11年間愛用し続けている。「まずは神宮に立つことを目標にしてきた。ひとつ段階はクリアできたかな」と笑みを浮かべた。

公式戦デビューを飾った立大・赤塚
両投げ両打ちの立大・赤塚投手が愛用し続けるミズノの両投げ用グラブ
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請