馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都 福島

【南部杯】サンライズノヴァ、吉原寛騎手とともに交流G1初制覇

◆第32回南部杯・交流G1(10月14日、盛岡競馬場・ダート1600メートル、良)

 第32回南部杯・交流G1は14日、盛岡競馬場のダート1600メートルで16頭(JRA7、岩手4、他地区5)によって争われ、4番人気のサンライズノヴァ(吉原寛)が直線で力強く抜け出し、重賞3勝目で鞍上とともに交流G1初制覇を飾った。1番人気のゴールドドリームは3着に敗れた。

 先頭に立てば、もう敵はいない。サンライズノヴァは4角でロンドンタウンを外からとらえると直線で一気に抜き去った。「この馬の脚も(映像で)見てたんで、ここからかわされることはないと思った」と吉原寛。上がり最速35秒7の末脚で、人馬ともに初のG1制覇。盛岡の冷たい空気に王者の白い息を吐くノヴァの馬上でジョッキーはガッツポーズを見せた。

 末脚に定評があるが、発馬難が課題だった。「ゲートを出ないことが2回に1回か、3回に2回くらいある。自分で競馬を難しくしている」と音無調教師。心配は杞憂(きゆう)に終わり、内枠を利してスムーズに前へ。3~4角で2番手まで押し上げると、「安心できるくらいの手応えがあった。これなら勝ち負けできる」と吉原寛。自慢の末脚を期待通りに発揮した。

 今後はチャンピオンズC(12月1日、中京)などを視野に入れる。「ここからでしょうね。真価を問われるのは」と音無師。念願のビッグタイトルを手にさらに高みを目指していく。(恩田 諭)

 ◆サンライズノヴァ 父ゴールドアリュール、母ブライトサファイヤ(父サンダーガルチ)。栗東・音無秀孝厩舎所属の牡5歳。北海道日高町・ヤナガワ牧場の生産。通算成績は24戦8勝(うち地方3戦1勝)。総収得賞金は2億7826万円(うち地方4810万円)。主な勝ち鞍はユニコーンS・G3(17年)、武蔵野S・G3(18年)。馬主は松岡隆雄氏。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請