出雲駅伝、来年は10月第2日曜日開催 フジテレビ競馬優先でスタート時間も変更へ

スポーツ報知
出雲駅伝でスタートする選手たち

◆出雲全日本大学選抜駅伝 (14日、島根・出雲市出雲大社鳥居前スタート、出雲ドーム前ゴール=6区間45・1キロ)

 例年、体育の日(10月第2月曜日)に行われている学生3大駅伝開幕戦の出雲駅伝が来年は10月第2日曜日の11日に行われることが14日、分かった。

 出雲駅伝は1989年の第1回大会以来、体育の日(99年まで10月10日、2000年から10月第2月曜日)に開催されていたが、東京五輪が行われる来年、体育の日は「スポーツの日」に名称が変わり、五輪開会式の7月24日に移動。それに伴い、出雲駅伝の開催は10月第2日曜日の11日に変更される。今回の参加校の監督や関係者にはすでに通達された。

 さらにスタート時間も午後1時5分から30分、あるいは1時間、早まることが検討されている。出雲駅伝をテレビ中継をするフジテレビ系は毎週日曜日に午後3時から競馬中継を行っているため、午後3時15分頃にゴールする出雲駅伝と一部重複することが理由。今年、出場した監督のひとりは「日程変更は理解できるが、スタート時間まで変わるとは…。出雲駅伝は競馬より優先順位が低いのか…」と嘆くように話した。

 今季の学生3大駅伝開幕戦は、国学院大が2時間9分58秒で初優勝した。4位でタスキを受けた主将の土方英和(4年)が残り670メートルで大逆転。学生3大駅伝を通じて歓喜の初優勝を成し遂げた。2位は駒大、3位は東洋大、4位は東海大。連覇を狙った青学大は5位だった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請