【日本ハム】西川、“ガッツ流”指導に応える「いろいろと聞きたいこともある」

鎌ケ谷スタジアムで打撃練習を行った西川
鎌ケ谷スタジアムで打撃練習を行った西川

 日本ハムの西川遥輝外野手(27)が13日、“ガッツ流”の指導に応える覚悟を口にした。9日にヘッド兼打撃コーチに就任した球団OBの小笠原道大氏がシーズン通して戦い抜く基礎体力の向上を目指し、練習量の増加を示唆。これに対して「覚悟していきたい」と意気込んだ。

 小笠原氏はフルスイングを武器に、通算打率3割1分をマークし、首位打者2度、本塁打、打点王は各1度獲得した強打者。俊足巧打の西川とはタイプは違うが、同じ左打者として「いろいろと聞きたいこともある。一つの引き出しとして」と意欲を見せた。

 この日は、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で秋季練習に参加。上位チームがクライマックスシリーズで火花を散らすなか、「野球をやっているのを見るのはおもしろくない」と、5位に低迷した悔しさを改めてかみしめた。「すべてプラスにするのも、マイナスにするのも自分次第。まだレベルアップできると思ってやっていきたい」と強調した。来季の巻き返しへ、不動のリードオフマンはすでに動き出している。(小島 和之)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請