中央学院大、台風で練習場4メートル冠水…川崎監督「年内使えない」

千葉・我孫子市にある中央学院大陸上部のトラックが川の水で浸水した(同大提供)
千葉・我孫子市にある中央学院大陸上部のトラックが川の水で浸水した(同大提供)

 今季の学生3大駅伝開幕戦となる出雲駅伝は14日、島根・出雲市の出雲大社スタート、出雲ドームゴールの6区間45・1キロで行われる。13日に出雲市内で行われた開会式に出席した中央学院大の川崎勇二監督(57)は千葉・我孫子市の練習場が台風19号の影響で約4メートルも冠水被害を受けたことを明かした。

 現地で最終調整に励んでいた中央学院大チームに、本拠地の千葉・我孫子に残っているスタッフからショッキングな情報が届いた。

 利根川の堤防の内側にあるグラウンドは台風19号が関東を直撃した12日は大きな異常はなかったが、13日になって徐々に上流の水が流れ込み、数時間の間に約4メートルも冠水した。川崎監督は「約30年前も水没したことがあるが、その時は水が引いた後も数十センチの土砂が残り、復旧まで何か月もかかった。今回はその時以上。おそらく年内は使えない。グラウンドの周りの田畑も大変です」と厳しい表情だ。

 400メートルのトラックは今年8月に改装したばかり。「選手寮は被害なく、選手が無事だったことは何よりです。スピード練習の場所を探すなど問題はたくさんありますが、学生と一緒に頑張るしかありません」

 多摩川沿いにある東京・世田谷区の駒大グラウンドは一時浸水。対岸の川崎市高津区の国学院大選手寮には数百メートルまで水が迫った。駒大の大八木弘明監督(61)は「選手寮は問題なかったが、グラウンドが一時浸水し、今は水は引いたという報告を受けました」と説明。国学院大の前田康弘監督(41)は「選手寮はギリギリ大丈夫でしたが、浸水被害に見舞われ、不幸にも亡くなった方がいるマンションは寮から数百メートルです」と神妙な表情。懸命の力走が、各地の被災者を勇気づけることになる。(竹内 達朗)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請