救助ヘリから40メートル落下、77歳女性が死亡…隊員が固定器具の手順失念か

 13日午前10時ごろ、福島県いわき市で台風19号の救助活動中だった東京消防庁のヘリコプター「はくちょう」が77歳の女性をつり上げ、機体に収容する際、誤って約40メートル下に落下させた。女性は再度救助され、いわき市内の病院に運ばれたが、死亡した。

 東京消防庁は都内で会見し、事故の原因が隊員による救助手順のミスであると発表した。

 同庁によると「はくちょう」は緊急消防援助隊として福島県内で救助活動中、女性の夫から救助要請があったため、現地に向かった。ヘリから男性隊員2人が地上に降り、女性に救助者をつり上げる時に使用する「エバックハーネス」という器具を装着して、ホイスト救助を行った。

 その際、ハーネスのカラビナ(フック)をワイヤに固定する手順を失念。女性を抱きかかえる状態でつり上げられた隊員が、機体の中で待ち構えていた隊員に女性を手渡そうとした時に女性のカラビナが固定されておらず、両手に急激に加重がかかったことで落下させたとみられるという。

 加藤俊之航空隊長は「通常、カラビナは救助者を運ぶ隊員が自分のものと救助者のもの、両方を固定するが、地面が水没していたため、女性を抱える状態で別の隊員がハーネスを着けたことが、手順を見失った原因と思われます」と説明。清水洋文次長は「申し訳ありませんでした。原因を確認し、再発防止と信頼回復に努めて参ります」と謝罪した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請