【楽天】由規、イメチェン「打たせて取る」カットボールとツーシームを練習

由規
由規

 右肩痛を克服し、自身2度目の支配下選手復帰を果たした楽天・由規投手(29)が12日、イメージチェンジに着手していることを明かした。今季は最速151キロを計測も、かつてマークした161キロには及ばない。「打たせて取るためにカットボールとツーシームを練習してます」と打ち明けた。

 地元・仙台で感動的な復活劇を見せた由規が、早くも来季に向けたスタートを切っていた。ヤクルトを昨季限りで戦力外となり、今季は育成選手として楽天に移籍。7月29日に支配下選手に復帰し、シーズン最終戦となった9月26日の西武戦(楽天生命)で、481日ぶりの1軍戦登板を果たした。大歓声を浴びる中、1回を3者凡退で切り抜けた。充実感を覚えながら、新たな課題も感じていた。

 「気持ちが乗って、思った以上に体が動いてくれました。でも、来年はあのパフォーマンスを常に出さないといけない。もっと長いイニングを安定して投げるためにも、新しい変化球がほしい。基本は真っすぐで攻めていく中で、新しい自分のスタイルをつくっていきたいんです」

 今季は2軍でも4イニングが最長。投げるスタミナの強化とともに、省エネ投球にも取り組んでいくという。この日は、仙台市内の2軍施設で練習に励んだ。「昔みたいに速い球をバンバン投げられるわけじゃない。1軍で生き残っていくためにも今年と一緒じゃダメ」。過去の自分と決別し、新たな姿で完全復活を果たす。(片岡 泰彦)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請