山本草太、4回転2本で宇野抑えてSP首位 フィンランディア杯 

 フィギュアスケートのフィンランディア杯は11日、フィンランドのエスポーで開幕し、男子ショートプログラム(SP)で山本草太(19)=中京大=が4回転を2本決め、自己ベストの92・81点で首位に立った。18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=は92・28点で2位。女子SPは横井ゆは菜(19)=中京大=が65・09点で3位につけ、今季シニアデビューで16歳のアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が77・25点で首位。

 ◆びっくり自己新

 〇…ジュニア時代から将来を嘱望された山本が「エデンの東」の音楽に乗り、4回転ジャンプのサルコーとトウループを鮮やかに決めた。SPの自己ベストを10点近く更新し、宇野を抑えての首位発進に「順位も得点もびっくり」と目を丸くした。練習での骨折や疲労骨折で右足首の手術を3度も受けたが、今は「完治」と言い切れる。「昨季よりジャンプの練習を増やした」と自信も深まっている。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請