今年はアオリイカの当たり年!10月は数釣りから型狙いに…男鹿半島・加茂漁港

秋田・男鹿沖の小島でアオリイカのエギングを楽しんだ筆者
秋田・男鹿沖の小島でアオリイカのエギングを楽しんだ筆者

 今年はアオリイカの当たり年だ。近年、男鹿の海は数が少なく不完全燃焼のエギンガー(餌木をキャストして操る釣り人)が右往左往していた。だが今年は8月下旬から、今年生まれたイカが多数確認され、9月中旬には20杯の好釣果が聞こえてきた。手軽なタックルとシャープな釣りスタイルが若者にも人気。甘みも強く柔らかい肉質は、様々な料理にも使える高級イカだ。胴長も20センチ近くなり、引きも強くなってきた10月初旬、男鹿半島の加茂漁港から島に渡り、エギングを楽しんだ。(「釣り東北」APC・小山康夫)

 スタートは午前8時とかなり遅くなったが、ナギも良く微風の好条件だ。最初は金ヶ崎周辺から始めたが、各島には釣り人がいっぱいだ。タックルは、ロッド8・3フィートにスピニングリール3000番、道糸はDUEL「アーマードF+Pro エギング」0・8号に、リーダーはDUEL「エギングリーダー」2号を2メートルをセット。餌木はアピール力の強いDUEL「ez―Qダートマスター・サーチ」3号を使用。沈下スピード3・2秒/メートルを参考に、水深7~10メートルをカウント20~30秒のフリーフォールで攻めた。

 2、3投してみたものの、まったく姿が見えない。ポイントを磯際に変えて、ダートさせて手前まで抱かせないで誘ってみると、3杯のアオリイカが追ってきた。寄せたところでサイトフィッシング開始。10メートルほど投げしてシャクリすると、競い合うように餌木にアタック。しっかりフッキングすると、墨を吐きながら胴長18センチのアオリイカが水面を割って上がってきた。

 この時期としては平均的だが、沖目の深い場所には20センチを超える大型がいるはず。連日、攻められているため、シャクリ方法や攻め方、餌木のカラーなども工夫して攻めることで釣果に結びつく。今年はパープルやブラックで結果が出ているが、日中は特にブラックが良く、3杯を追加した。3時間ほどで島変えをしてもらい、南側の小阿治島に移動したが、2杯追加してこの日は納竿となった。

 これからサイズも30センチ近くまで成長し、ドラグが滑るほどの引きが楽しめる時期になる。数釣りから型狙いに10月は楽しみ方も変わるので、釣り人のワクワクは止まらない。県外からもたくさんの釣り人が訪れる男鹿半島は、紅葉シーズンと相まって楽しみ満載。変わりやすい天候や安全に気を付けて楽しんでほしい。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請