SKE48・大場美奈が「ハケンアニメ!」通し稽古「舞台を見た後に好きなアニメ作品をもう一度見て」

舞台「ハケンアニメ!」の通し稽古を行うSKE48・大場美奈と山内圭哉
舞台「ハケンアニメ!」の通し稽古を行うSKE48・大場美奈と山内圭哉

 吉本興業が手掛ける舞台「ハケンアニメ!」(演出・G2)が大阪・森ノ宮のクールジャパンパーク大阪TTホールで12日から始まる。同日午後6時半の開演を前に、入念な通し稽古が行われた。

 直木賞作家・辻村深月の小説が原作。若き天才アニメ作家の新作テレビアニメ製作の舞台裏を描く。アニメスタジオの新入社員のヒロイン・加菜美を演じたSKE48・大場美奈(27)は本番前の取材会で「緊張してドキドキというより、ああしたいこうしたいというワクワクした気持ち」と笑顔。監督役の俳優・小越勇輝(25)と、アニメーター役の山内圭哉(47)も同席し、山内は、大場と小越に対して「みずみずしく演じていた」と目を細めた。

 アニメ製作の舞台裏は、今年度上半期のNHK朝ドラ「なつぞら」でも取り上げられた。大場は「アニメが好きな方は、この舞台を見た後、自分の好きな作品をもう一度見ると、新たな感情が生まれるのでは」と相乗効果をPRした。山内は「どこの職場の人間関係にもあるような要素がちりばめられている。アニメ好きな方は、より深く楽しめるはず」。小越は「パワーを与えられる作品になれば」と意気込んだ。

 同劇場で16日まで。東京では紀伊国屋ホールで31日~11月14日に上演。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請