【京都4R・2歳新馬】ラーラクロリがデビュー勝ち 和田「終始しぶとかった」

4Rで新馬勝ちのラーラクロリ
4Rで新馬勝ちのラーラクロリ

 10月12日の京都4R・2歳新馬(ダート1800メートル、16頭立て)は8番人気のラーラクロリ(牝、栗東・鈴木孝志厩舎、父サムライハート)が逃げ切ってデビュー勝ちを決めた。勝ち時計は1分55秒2。

 不良馬場で行われた一戦で、ラーラクロリは最内枠から好スタートを決めてハナへ。余裕の手応えで直線を迎え、最後はアスターマリンバ(7番人気、松若風馬騎手)の追撃を3/4馬身差でしのいだ。和田竜二騎手は「ゲートが速いのは分かっていた。物見をしたが、余裕があって終始しぶとかった」と評価した。

 鈴木孝志調教師は「牝馬でダート1800メートルに走れると、使いやすい。スピードよりもパワータイプ。ずっとダートで考えてます」と、今後の起用について話した。

レース結果

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請