「週刊ニュースリーダー」で台風19号上陸前にできることを紹介…「水入りペットボトルを凍らせる」、「レジャーシートをはる」

テレビ朝日
テレビ朝日

 12日放送のテレビ朝日系「週刊ニュースリーダー」(土曜・前6時)で台風19号の最新情報を報じた。

 番組では、上陸前に今できることを紹介した。災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏によると、携帯電話を充電する。懐中電灯を手元に用意する。水入りのペットボルトを凍らせる。これは、停電になると冷蔵庫が使えなくなるが、一番上に置いておくと保冷剤として使え、その後、飲料水として使えるという。

 また、電化製品、貴重品などは2階など高い所へ移動する。下水の逆流を防ぐためポリ袋に水を入れた水のうを排水口の上に置く。窓の内側に飛散防止のため養生テープなどをはる。なかった場合は、代用品としてレジャーシートなどを使って窓の内側にはる。カーテンを締めて、できればクリップで止めるなどの対策を呼びかけていた。

 また、ピーク時にやってはいけないこととして「ドアを開けないこと」を紹介。こうした対策に番組レギュラーで気象予報士の石原良純は「くれぐれも外に出ないこと」と呼びかけていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請