リーチ・マイケル「鬼になる」「優しい気持ちは必要ない」巨人・原監督から伝授

8月29日の巨人戦で始球式を務めたリーチ(右)は原監督と握手を交わした
8月29日の巨人戦で始球式を務めたリーチ(右)は原監督と握手を交わした
日本代表の8強条件
日本代表の8強条件

◆ラグビーW杯 ▽1次リーグA組 日本―スコットランド(13日・横浜国際総合競技場)

 日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC、49)は11日、都内で、初の8強入りをかけた運命のスコットランド戦(13日、横浜)に臨むメンバー23人を発表した。ゲーム主将に復帰したフランカーのリーチ・マイケル(31)=東芝=は大一番に向け「鬼になる」と宣言した。台風19号の通過後となる試合の開催可否は、当日朝に発表される。

 頼れる主将は「鬼」になる。3試合ぶりにゲーム主将に戻るリーチは会見で「優しい気持ちは必要ない。ティア1(伝統強豪国)には鬼にならないと勝てない」と強烈な言葉でチームを鼓舞した。

 「鬼」は前回15年大会前に同じ東海大出身の巨人・原辰徳監督(61)から授かり、チームづくりに生かした言葉。10―45で大敗しボーナスポイント(BP)の差で8強入りを阻まれたスコットランドへのリベンジ戦を前に、再び同じキーワードを掲げた。

 開幕のロシア戦は緊張からかパフォーマンスが悪く、ジョセフHCは重圧軽減の意味でゲーム主将をラブスカフニに2試合任せた。「ホテルから一歩も出られない状況だった」と気遣ったHCに対し、「もともと、出るのはコーヒーを飲みに行く時だけ」とリーチ。4年前から東京・府中市にカフェを経営するオーナーらしく「今はコーヒーマシンが部屋にあるから」外出せずにリラックスできている。

 2試合で負担が減ったことで調子が上がり定位置に戻った。思考もシンプルに戻り、心がけるのは「ボールを持ったら前に出る、ディフェンスで体を張る」こと。大学時代、試合中に仲間が負傷退場した後に、鬼気迫るプレーを見せた。鬼となり、誰よりも体を張り激しいプレーで引っ張ることこそ、リーチのキャプテンシーの原点だ。

 会見場からの去り際、マイクを持ち「みなさん、台風に気をつけてください」と報道陣を気遣った。緊張、重圧から少し離れ、言葉にも、態度にも余裕が漂う。大会前に「日本は強い」と宣言した通り、3連勝で強さを証明してきた。今度は自ら掲げた「強いチームになるには最強の主将じゃなきゃいけない」を証明し、初の8強へ導く。(大和田 佳世)

出場メンバー
8月29日の巨人戦で始球式を務めたリーチ(右)は原監督と握手を交わした
日本代表の8強条件
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請