女子バレー・中田監督がリーチに直接お礼…恩返しのエール「攻め切る気持ちが大事」

バレーボール全日本女子・中田久美監督
バレーボール全日本女子・中田久美監督

 バレーボール全日本女子・中田久美監督(54)がラグビー日本代表に感謝のエールを送った。アイルランドからの金星についてリーチ・マイケル主将は、テレビ観戦したW杯女子バレーで、日本が世界ランク1位のセルビアに逆転勝ちしたことに刺激を受けたと発言していた。これを受け、中田監督は5日のサモア戦(豊田)に出向き、リーチに直接、お礼。同日の試合にも感動し、本紙に思いを語った。

 * * *

 リーチ主将が、私たちのセルビア戦をご覧になっていたのを知ったのは、9月29日のスポーツ報知のネット記事からです。その中で「とても感動しました。きょうは19時から日本とオランダの試合があります。みんなで応援しましょう」と話されたということで、大変光栄だと思い、早速、選手たちに記事について伝えました。そして、オランダには3―1で勝てました。

 大会が終わり、リーチ主将にお礼に伺わなければと、豊田スタジアムに向かいました。日本代表の試合も観戦しました。これまで、ラグビーは見たことはあったのですが、日本代表の試合は初めてでした。試合までの演出も素晴らしいし、パンフレットもとても充実していて、選手だけでなく、大会組織委のバックアップの姿勢も伝わってきました。

 最も感動したのが、外国出身選手の活躍です。ここまでニッポンのためにやってくれているんだと、「日本人」として戦っているんだというのが「熱」として伝わってきました。表情がとても良かったです。

 バレーも外国との体格差を言われますが、ラグビーはコンタクトスポーツで、さらに厳しい状況なのに、それを吹き飛ばすような「熱」を感じました。バレーはまだ、ぬるいところがあるのかなと思いました。最後の、ボーナスポイントを求めてトライを取りに行くところも、あきらめない気持ちが迫ってくるものがありました。

 試合後、リーチ主将に「ありがとうございました」とお礼を言い、「お互い頑張りましょう」と声をかけ合いました。13日のスコットランド戦に向けては「頑張ってください」の言葉しか浮かびませんが、これからベスト8、ベスト4となってくると、サモア戦のような攻め切る気持ちが大事だと思います。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請