中井貴一、映画「記憶にございません!」興収29億円突破に感謝 初めて見たときは「がっかりした」

大ヒット舞台あいさつに出席した中井貴一(右)と佐藤浩
大ヒット舞台あいさつに出席した中井貴一(右)と佐藤浩

 俳優の中井貴一(58)、佐藤浩市(58)が11日、東京・TOHOシネマズ日比谷で映画「記憶にございません!」(三谷幸喜監督)の大ヒット舞台あいさつに出席した。

 11日までの公開29日間で動員230万人、興行収入29億円を突破した。この記録に中井は「早く帰った方がいいですよ」と台風19号を心配しつつも「(奥さんに)まだこの映画やってるのと言われた。大ヒット御礼あいさつを2回やるのは異例で戸惑っています。本当に足を運んでくれてありがとうございます」と感謝。佐藤も「何度見ても楽しく思える。外は(台風で)大変ですが、笑って帰って下さい」。三谷幸喜監督(58)もビデオレターで「記憶にも記録にも残る意作品になりました」と喜んだ。

 公開後に出演作品を見るという中井は、今作も公開日より後に鑑賞した。「上映してから次の日に映画館に行ったら、満員で入れなかったです。その後3日間入れずで」と反響を明かした。実際に見た感想に関しては「すごくがっかりしました。反省してしまって。毎回そうなんです」と告白。そもそも公開日より前に見ない理由については「事前に見てしまうと、反省ばかりして宣伝の時に『見てください』と言えなくなる。宣伝で無責任に『見てください』と言ってから反省してます」と明かした。

 佐藤は「喜劇はスタッフと見るのはつらい。自分の映画見て爆笑するのは出来ないので」としつつも、中井とは全く正反対のようで「基本的には『いけてる、いけてる』と思ってみるよ。結構良いじゃんってね」と明かした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請