小泉孝太郎、「歴史の教科書でしか見たことない」実家のお宝は…

「リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」内覧会に出席した小泉孝太郎
「リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」内覧会に出席した小泉孝太郎

 俳優の小泉孝太郎(41)が11日、東京・渋谷のBunkamuraで「リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」(12~12月23日、同所)の内覧会に出席した。

 同展では自身初めて音声ガイドを務める。「大変光栄な話。普段の会話と違ってコンマ何秒遅く話すとか繊細です」とその難しさを語る。イベントにちなみ実家の“小泉家の至宝”について聞かれると「歴史の教科書でしか見たことがない、歴代総理大臣の掛け軸などがあります」と告白。父の純一郎元首相、祖父の純也元防衛庁長官、曾祖父の又次郎元逓信相など政界との歴史が深く長い小泉家。司会者から誰の掛け軸かを聞かれると「それはちょっと」と言葉を濁した。

 「僕はお宝を集めるより、美術館で見る方が好き。管理するのが大変ですから。今集めているのはアロマオイルですね」と自身はお宝にあまり関心がない様子。「友人と撮った写真などは大事にしています。父との写真もですね。あと父から色紙に書いてもらった言葉も大事にしています」と明かしていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請