サモア代表、アイルランド戦での日本への“アシスト”問われ「パフォーマンスに集中」

アイルランド戦の前日会見に出席したサモアの(左から)ポール・アロエミレ、ロジャーコーチ、ジャック・ラム
アイルランド戦の前日会見に出席したサモアの(左から)ポール・アロエミレ、ロジャーコーチ、ジャック・ラム

 日本と同じA組で戦う世界ランク15位のサモア代表が11日、アイルランド戦(12日・福岡)に向けて、試合会場の東平尾公園博多の森球技場で最終調整を行った。相手は世界ランク4位の優勝候補・アイルランド。相手はこの1次L最終マッチで、4トライ以上で勝ち点5を獲得すれば決勝トーナメント(T)進出が決まる。逆にそれ以外の結果だとこの試合での突破は決まらないため、サモアが健闘すれば初の決勝T進出を目指す開催国・日本への“アシスト”にもなる。

 会見で外国人記者からそのことを問われたロジャーコーチは「あまり考えていないよ。パフォーマンスに集中するだけさ」と目の前の戦いに全力を尽くすことを強調。そして「どんなトーナメントでもティア1(ラグビー強豪国)との試合は大きなチャンスだと思っている。選手たちもワクワクしている。どれだけ全力で挑めるか、持っているものを出したい」と力を込めた。

 既に決勝Tへの道は断たれてはいるが、NO8のジャック・ラム主将も「誇りを持って試合をしたい。サモアの将来のためになる試合をしたい」と闘志をみなぎらせた。日本開催を振り返ったポール・アロエミレは「日本の方々は本当に素晴らしかった。歓迎してくれて、とてもフレンドリーで滞在しやすかった」と日本のおもてなしに感激していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請