TDLとTDSの12日の休園決定、13日も昼頃まで休園…東日本大震災以来の対応、台風では開業以来初

東京ディズニーリゾートの人気者、ミニーマウス(左)とミッキーマウス(写真は開催中のTDSハロウィーンショー「フェスティバル・オブ・ミスティーク」)
東京ディズニーリゾートの人気者、ミニーマウス(左)とミッキーマウス(写真は開催中のTDSハロウィーンショー「フェスティバル・オブ・ミスティーク」)

 千葉・浦安市の東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)を運営するオリエンタルランド(OLC)は11日、台風19号の影響で、12日の両パークの休園と、13日は両パークの運営時間を変更することを決定した。

 12日は、午前8時から午後10時までの営業が予定されていたが、これが終日休園となった。また13日は午前8時から午後10時の営業予定だったが、昼頃まで休園となる見込みとなった。

 13日の運営時間については、12日の正午をめどに発表するとしている。

 TDLとTDSが休園となるのは、2011年の東日本大震災の翌日となった3月12日から約1か月休園して以来のことで、台風による休園は1983年の開業以来初めてのことになる。

 今年9月8日に台風15号が直撃した際は、TDLとTDSでは8日の閉園時間を1時間早めて午後9時とし、9日はTDSの開園時間を1時間遅らせTDLの開園時間と同じ午前9時に変更したが、休園することはなかった。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請