約40分間の中断後に競技再開 黄アルムが7アンダーの単独首位

5番でバーディーを奪った渋野日向子
5番でバーディーを奪った渋野日向子
18番をホールアウトし、同組のイ・ボミ(左)と抱き合う渋野日向子
18番をホールアウトし、同組のイ・ボミ(左)と抱き合う渋野日向子

◆女子プロゴルフツアー スタンレーレディス 第1日(11日、静岡・東名CC=6572ヤード、パー72)

 超大型の台風19号の接近により、第1組のスタートが1時間早められた。昼頃から激しく雨が降り続き、午後1時40分に降雨のため中断に入った。約40分間の中断後、午後2時20分に競技再開となった。

 通算4勝の黄アルムが7アンダー、65で単独首位に立っている。初優勝を狙う篠原まりあ、通算3勝の菊地絵理香は2打差の2位。武尾咲希、森田遙は4アンダーの4位。アマチュアの神谷そら、同じくアマチュア・星川ひなのは3アンダーの6位で追う。イ・ボミ(韓国)は2アンダーの9位。

 8月の海外メジャー、AIG全英女子オープンを制した渋野日向子は16番まで終えて3バーディー、2ボギーで、1アンダーの19位につけている。大会主催のスタンレー電気とスポンサー契約する三浦桃香は1アンダーの19位となっている。

 台風19号が上陸予定の12日の第2ラウンドは、開催中止が決定。13日の最終ラウンドについては、当日の朝のコース状況などを見て決める方針という。

5番でバーディーを奪った渋野日向子
18番をホールアウトし、同組のイ・ボミ(左)と抱き合う渋野日向子
すべての写真を見る 2枚

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請