イラストレーター和田誠さん死去…肺炎のため83歳

和田誠さん
和田誠さん

 イラストレーターの和田誠さんが今月7日、肺炎のため都内の病院で死去したことが11日、分かった。83歳だった。通夜、告別式はすでに近親者のみで営まれた。

 事務所によると後日お別れの会を開く予定。妻で料理愛好家の平野レミは事務所を通じて「1年ほど前から体調を崩し自宅で療養していました。7月より都内の病院に入院していましたが、肺炎を患い、最後は家族みんなに見守られながら安らかにお別れをしました。肺炎を患ってからはご飯を食べられなかったので、和田さんが好きなご飯をたくさん作って、安らかな顔の横に置いてあげました。最後の料理を作っている時はすごく幸せで「私にとっての一番の幸せは、和田さんにご飯を作ることだったんだ」とあらためて気づきました。47年間、私の料理を美味しい美味しいって食べてくれて、本当にありがとう。安らかにね」とコメントを発表した。

 和田さんは1936年4月10日、大阪府生まれ。多摩美術大を卒業後、広告制作プロダクションにデザイナーとして入社し、たばこ「ハイライト」のパッケージデザインのコンペに入賞、キャノンや東レなどの企業の広告デザインを担当した。

 68年に退社し独立すると「週刊文春」の表紙など数多くの装丁を担当。84年には真田広之主演の映画「麻雀放浪記」で初監督、他に小泉今日子主演の「怪盗ルビイ」などでメガホンをとった。

 妻の平野とは72年に結婚し、長男はロックバンド「TRICERATOPS」の和田唱で、その妻は女優の上野樹里という芸能一家でもあった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請