右足切断の谷津嘉章が退院! 長州力との皮肉な因縁乗り越え…金曜8時のプロレスコラム

病室の前でファイティングポーズを決めた谷津嘉章
病室の前でファイティングポーズを決めた谷津嘉章

 糖尿病のため6月に右足を切断し入院していたプロレスラーの谷津嘉章(63)が10日、義足を付けて群馬県内のリハビリ病院を退院した。「一時退院で帰宅した時には、病院では気づかなかったことがいっぱいあった。これからの日常生活では不自由なことだらけでしょうけど、何とかやっていきますよ」

 1976年モントリオール五輪男子レスリングフリースタイルで8位入賞し、1980年モスクワ五輪は日本のボイコットで“幻の金メダリスト”となって、新日本プロレスに入団。ジャパンプロレス、全日本プロレス、SWS、社会人プロレスSPWF、WJ(ワールド・ジャパン)プロレス、総合格闘技PRIDEなどで活躍。

 54歳で一度はプロレスから引退していた谷津だが、入院前はレジェンドマッチで復活しており、現役プロレスラーだった。今年3月にDDTプロレスリング(高木三四郎社長)から定期参戦を求められ、五輪ならぬ八つの輪をデザインした「YATSU―RIN」のコスチュームで、来年の東京五輪まで盛り上げるつもりだった。

 だが、持病の糖尿病を抱えながらの遠征ファイトに疲労が蓄積。靴擦れからばい菌が入って右足が壊疽(えそ)。6月2日のDDT愛媛巡業を終えて精密検査を受けた時には手遅れだった。

 6月24日に即入院、「最初は血豆ができたんです。悪化したけど、切るにしても指か足の甲までかなと思ってたけど、そんなに軽いもんじゃなかった」翌25日に切断という、考える猶予のない状況だった。「筋肉があって骨太だから手術は3時間半かかった。上半身は意識があるんで、レーザーメスで焼き肉のような臭い、骨をギーーンって削ってる音。グロすぎて体験するもんじゃないですよ」それでも何とか膝関節は残してもらえた。

 術後も麻酔が切れて2度意識を失った。痛みをこらえ切れずナースコールを押すと「なんですぐ痛いって言わないんですか。プロレスラーだから痛くないのかなと思ってましたよ」と看護師からあきれられ、痛み止めの薬をもらったという。

 現役時代は186センチ、120キロのスーパーヘビー級だった体重は、引退してから97キロになっていた。体調を崩して入院時は92キロ。そこから右足を切断して87キロになった。「ラッパみたいになった」という患部の腫れが引くのを待って、8月19日に採型、26日に仮合わせして人生初のマイ義足を手に入れた。休みなしでリハビリを重ねて、超人的なスピード退院にこぎつけた。

 2010年10月30日に東京・新宿FACEで一度は引退試合を行った谷津。新日本プロレス時代の先輩、藤波辰爾(65)と初代タイガーマスク(佐山サトル)が相手だった。パートナーとして、かつてインタータッグ王者コンビとして共闘した長州力(67)にラブコールを送ったが、WJ時代に決別していることから修復はかなわず、SWS時代に新弟子だった元大相撲十両の維新力(58)と師弟タッグを結成した(結果は、藤波のドラゴンスリーパーに谷津がギブアップ)。

 その後、レジェンドマッチへのゲスト参戦を重ね、昨年10月19日に約10年ぶりにプロレスの聖地、東京・後楽園ホールで試合をした時に「あれは引退試合ではなくて、SPWF(主宰した社会人プロレス)の解散式だったのかって思う」と自分に言い聞かせるように話した。

 この時の興行は、藤波が主宰するドラディション「THE REVENGE TOUR」で藤波から「今後、どっかで戦いたい気持ちもある」と対戦要求され「自分もしたいですよ。いい勝負だと思うから。シングルでしてなかったからしてみたいですよね」と言い、「長州ともしたいですね。ガチで」とリップサービスした。

 長州はこの時期に、2度目の引退を表明していたから、このコラムで「谷津嘉章が凄いヤツなのか、それともダメなヤツになるのかは、この長州の最後の花道に絡むことができるかで判定してもいいのではないだろうか」と書いた。そして、長州の引退興行「POWER HALL2019~New Journey Begins」(後楽園ホール)は6月26日に行われたが、谷津の姿はどこにもなかった。この1日前に右足を切断していたのだった。何という皮肉すぎる巡り合わせ。

 大手術を経て、谷津の目標は、東京五輪の聖火ランナーに切り替わっていた。“幻のモスクワ五輪代表”たちの名誉回復の舞台として計画されているのだ。リハビリをこなしながら「マスコミはトーチを持って絵作りさえできればいいと思ってるだろうけど、俺は本気で走るからね」と意気込んでいた。

 退院という次の一歩を踏み出した谷津は「プロレスラーとして世間には弱音を見せられず、つらいところがありますが、生まれつき神経質ではないのは確かなので、がんばりますよ」と話した。焦らずに、プロレスラーの意地で障害を乗り越えて、再び「凄いヤツ」を見せてくれることを待ちたい。(酒井 隆之)

 ◆谷津 嘉章(やつ・よしあき) 1956年7月19日、群馬・邑楽郡明和村生まれ。63歳。足利工大付高、日大でレスリング部に所属。76年モントリオール五輪フリースタイルで8位入賞。全日本選手権は80年まで5連覇。足利工大研究員としてモスクワ五輪代表に内定したが、日本のボイコットで参戦ならず。80年10月、新日本プロレスに入団。同年12月に米国MSGでカルロス・ホセ・エストラーダを相手にビュー。81年6月24日(蔵前国技館)、凱旋デビュー戦で師匠・アントニオ猪木と組んで、スタン・ハンセン、アブドーラ・ザ・ブッチャー組とメインイベントで対戦。再渡米してトラ・ヤツとしてTV王者に。帰国した83年にアマレスの先輩、長州力(ミュンヘン五輪代表)の維新軍団入り。長州とともにジャパンプロレスを旗揚げし、全日本プロレスで長州と組んで、ジャンボ鶴田、天龍源一郎組から、インタータッグ王座を奪取。86年6月にプロレスラーとして初めてレスリング全日本選手権に出場し、フリースタイル130キロ級で6年ぶり6度目の優勝。長州と決別し、鶴田(ミュンヘン五輪代表)との五輪コンビで、87年に世界最強タッグ決定リーグ戦優勝、88年に初代世界タッグ王者に。90年にSWSの旗揚げに参加。93年に社会人プロレスSPWFを旗揚げ。2000年に44歳で総合格闘技PRIDEに挑戦し、ゲーリー・グッドリッジにTKO負け。01年の再戦でもKO負けを喫した。長州と再合流し03年にWJ(ワールド・ジャパン)プロレスを旗揚げ。10年10月30日の引退試合(新宿FACE)で、維新力と組んで、藤波辰爾、初代タイガーマスク組と対戦。その後もレジェンドマッチに出場した。現役時代は186センチ、120キロ。

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請