井岡一翔、初防衛戦は技巧派サウスポー…大みそかに対戦

初防衛戦を発表しポーズをとるWBOスーパーフライ級王者の井岡一翔
初防衛戦を発表しポーズをとるWBOスーパーフライ級王者の井岡一翔

◆プロボクシング WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ 王者・井岡一翔―同級1位ジェイビエール・シントロン(プエルトリコ)(12月31日、東京・大田区総合体育館)

 WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(30)=Reason大貴=が12月31日に、同級1位ジェイビエール・シントロン(24)=プエルトリコ=と初防衛戦を行うことが10日、東京・赤坂のTBSで発表され、「勝つという結果しかない」と言い切った。

 6月の王座決定戦でアストン・パリクテ(フィリピン)を下し、日本男子初の4階級制覇。「楽に勝てる相手ではないが、王者として世界でやれるという切符は渡さない」。江藤光喜(白井・具志堅スポーツ)との挑戦者決定戦で判定勝ちしたシントロンは、アマチュア時代に2度五輪に出場、12年ロンドン大会では8強入りした技巧派サウスポー。「一難去ってまた一難」と表現するほどの強豪だ。

 8月には第一子となる長男が誕生。パパ初防衛戦に、「自分の子供はかわいいというけど、そう言われることより、もっとかわいい」と、目尻を下げた。名前は非公表だが、「トランクスに名前を入れる?」と聞かれると、「いいですね。リングに上がる強みになる」と、粋な公表方法も検討。今月末に妻子を伴い、米ラスベガス入り。一軒家を借り、2か月近くかけて仕上げる予定だ。(谷口 隆俊)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請