西田敏行、「歌っちゃいま~す」と映画館で生歌披露。「任侠学園」ヒット御礼で公約守る

西田敏行
西田敏行

 俳優の西田敏行(71)が10日、東京・TOHOシネマズ日比谷で出演映画「任侠学園」(今野敏原作、木村ひさし監督)のヒット御礼イベントで生歌を披露した。

 映画は個性的で濃いキャストをそろえた世直し人情コメディで、西田は出演だけでなく挿入歌「また逢う日まで」アレンジ版を、東京スカパラダイスオーケストラとのタッグで担当。先月末の初日に「過去“紅白”に3回出てましてね。俳優というより歌手といっていただきたい。満員御礼が続けば、そのときに」と生歌を披露を約束していた。

 白のジャケットと帽子を被り「歌っちゃいま~す」とノリノリで登場した西田。“紅白歌手”の貫禄十分に、この歌が代表曲だった尾崎紀世彦さんをほうふつとさせる美声を響かせ、観客も大喜び。一緒に登壇した“スカパラ”の谷中敦(52)は「ホントすばらしい」と感激のあまり、涙をふく一幕も。気を良くした西田は「泣いちゃった~? この(至近)距離で歌うのはカラオケ以来だよ」といい「今年最強の台風が来ようとしているのによく来てくれて。ありがとう」と感謝していた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請