【湘南】浮嶋新監督「湘南スタイル」復活で「目標はJ1残留」

湘南の新監督に就任し、記者会見した浮嶋敏氏
湘南の新監督に就任し、記者会見した浮嶋敏氏
浮嶋新監督(左端)を中心に練習を行った湘南イレブン
浮嶋新監督(左端)を中心に練習を行った湘南イレブン

 湘南は10日、選手・スタッフに対するパワーハラスメント(パワハラ)行為により、Jリーグから処分を受けて退任した曹貴裁(チョウ・キジェ)前監督(50)の後任として、アカデミーダイレクター兼U―18監督の浮嶋敏氏(52)が就任すると発表した。新設のゼネラルマネジャー(GM)職には下部組織テクニカルダイレクターの関口潔氏(50)が就任。ボールのない時にも走り回り、切り替えを早くする「湘南スタイル」の復活を掲げ、J1残留を目指す。

 午前10時の練習前、浮嶋新監督はミーティングで「火事になっている家を全焼させるか、立て直すかは自分次第だ」と選手に熱いゲキを飛ばし始動した。

 初練習は和やかなムードで約1時間半行い「子供の時に公園でボールを蹴った時のようにイキイキと楽しくサッカーをしてた」。練習後に約30分間、指揮官と1対1で話した主将DF大野は「心機一転、久しぶりにサッカーに集中できた」と晴れやかな表情を見せた。

 パワハラ行為で監督退任、J2降格危機。窮地で新監督を引き受けた浮嶋氏は「9年間ベルマーレにいて、クラブは家族。逃げずに引き受けることが恩返しになると思った」と決意。曹前監督からは「次をよろしくお願いします」と託された。問題発覚後の約2か月間は「1年に感じるくらい長かった」。監督不在で6試合勝利がなく15位と低迷。直近2戦は5失点以上と崩壊し「精神的に疲労をためていた」と振り返る。

 新体制の初陣は19日の横浜M戦(ニッパツ)。指揮官は「何かを変えるより、原点を思い出すことが大事」と「湘南スタイル」の復活を掲げ「目標はJ1残留。残り6試合、全部勝ちにいきます」。柔らかな口調の中に力を込めた。

 ◆浮嶋 敏(うきしま・びん)1967年9月4日、東京都生まれ。52歳。現役時代は日産ファーム、富士通でプレーし、95年に現役引退。2006年に横浜Cジュニアユース監督就任。その後は同育成部長やユース監督を歴任した。11年から湘南のトップチームコーチとなり、13年からは同アカデミーダイレクターを務める。

湘南の新監督に就任し、記者会見した浮嶋敏氏
浮嶋新監督(左端)を中心に練習を行った湘南イレブン
すべての写真を見る 2枚

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請