小芝風花、涙こらえながら熱演 災害を伝えるアナウンサー役 NHKドラマ「パラレル東京」

(左から)伊藤淳史、小芝風花、高橋克典
(左から)伊藤淳史、小芝風花、高橋克典

 女優の小芝風花(22)が10日、都内でNHKドラマ「パラレル東京」(12月2日から4夜連続放送)のスタジオ取材会に共演の高橋克典(54)、伊藤淳史(35)らと出席した。

 首都直下型地震が発生し、架空のテレビ局が震災報道に直面するドキュメンタリー要素のある物語。アナウンサー役を演じる小芝は「地震の映像がリアルで恐怖のあまり涙が出そうになる」。夏から新人アナウンサーと同様にアナウンス技術の指導を受け、「ニュース原稿を読むだけで大変なのに、お芝居もしないといけない」と苦労を明かした。

 高橋も小芝の奮闘ぶりに「本当のアナウンサーとしてやっていけるくらい、素晴らしい」と太鼓判。自身が演じる報道の編集長役には「重要な役割。責任が大きい。災害に対応する知識がつまったドラマなので、多くの方に見てもらいたい」と語った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請